今話題の美肌菌とは?お肌に住む菌を増やして美肌を目指そう!

近年テレビや雑誌で話題になっている「美肌菌」。正式名称は「表皮ブドウ球菌」といいます。

腸内環境はよく「腸内フローラ」と呼ばれますが、美肌菌は誰の肌にも存在し、肌フローラを構成している常在菌です。

美肌菌は皮膚の汗や皮脂を分解し、肌を弱酸性に保ちます。天然保湿成分を生成するので、透明感や潤いがある肌を保つことができます。 逆にこの美肌菌が少なくなると、肌が乾燥しアルカリ性に傾きます。肌質が変化すると一気に悪玉菌が増えてニキビができやすくなってしまうのです。

この美肌菌は肌フローラの善玉菌とも呼ばれていて、洗顔方法や食生活、化粧品など、ちょっとした心がけで増やすことができます。 今回は、そんな美肌菌について詳しくご紹介していきます。ぜひ、美肌菌を増やすステップを覚えて、実践してみてください。

肌のきれいの差は美肌菌だった!?肌に住む美肌菌とは?

「肌フローラ」は主に、「善玉菌」・「悪玉菌」・「日和見菌」の3つで構成されています。  

 

美肌のもと=善玉菌(美肌菌)

肌フローラの中の善玉菌は「表皮ブドウ球菌」と呼ばれています。表皮ブドウ球菌=美肌菌とよばれ、肌が弱酸性の時により活発に働きます。 皮脂が多すぎるとニキビの原因となりますが、じんわりと汗をかく程度の運動は、美肌菌が増えて肌フローラが整えられます。美肌菌が多いと、自然と肌も綺麗にみえて、ニキビなどの肌トラブルも少なくなります。  

 

肌荒れのもと=悪玉菌

逆に肌がアルカリ性の時、悪玉菌が活性化してニキビの原因をつくってしまいます。肌を弱酸性にするには、洗顔時にゴシゴシと洗いすぎたり、回数を多くしないよう心がけることが大切です。また、クレンジングでアルコールや保存料が含まれているものは、善玉菌を減らしてしまうので、あまり使用しないようにしましょう。  

 

良くも悪くも働く=日和見菌

善玉菌が多い肌では「善玉菌」を助け、悪玉菌が多い肌では「悪玉菌」を助ける働きをする日和見菌。肌環境によって良くも悪くもなる菌なので、普段から善玉菌が優位な状態をつくっておくことが大切です。  

 

美肌菌が多い肌のメリットと悪玉菌が多い肌のデメリットは?

美肌菌が多いと、うるおい、すっぴん美人に

美肌菌が多くなると、きめの細かい肌がキープできます。「何となく肌がくすんで見える」、「吹き出物が気になってしまう」、こういった肌トラブルに悩んでいる方ほど、美肌菌が増えた時に効果を実感できます。

すっぴんでも潤いのある肌に近づき、乾燥やニキビなどが出来づらくなります。美肌菌が多い状態は肌が弱酸性なので、ニキビの原因となる悪玉菌の働きが弱まるのです。

悪玉菌が多いと、乾燥、ニキビ、アトピーに

逆に悪玉菌が増えると皮膚の水分を保っているバリア機能が低下するので、ニキビなどの吹き出物ができやすくなります。

また、かゆみやアトピーの原因にもなります。悪玉菌はストレスや食生活の乱れ、運動不足や睡眠不足、強い紫外線を浴びると増えやすくなります。日頃から生活習慣全体に気を配ることが大切です。  

 

美肌菌を増やすには、保湿化粧水だけではNG。乳酸菌配合の化粧品もとりいれよう。

菌活で腸内も肌もきれいに

美肌菌を増やすポイントは「乳酸菌」です。 ヨーグルトやチーズになどに含まれている乳酸菌を日頃から摂るようにすると、腸内環境が改善して皮膚が丈夫になりますし、水分量もアップします。乳酸菌は美肌菌が活動しやすい肌環境を整えてくれる大切な菌なので、日頃から意識して摂るのがおすすめです。  

美肌菌を増やすには、「乳酸菌」を配合した化粧品を

同時に、乳酸菌を始めとした菌活を心がけるのも良いです。発酵食品を意識して摂るようにすると、自然と腸内環境が良くなり、健康が維持できるだけではなく美肌菌を増やす効果も期待できます。

さらに、食生活+化粧品でも美肌菌を増やしたいと考えている方におすすめなのが、乳酸菌配合の化粧品を使用することです。乳酸菌が含まれている化粧品なら、肌を美肌菌が増えやすい弱酸性に保つことができますし、より美肌へと近づくことができます。  

 

まとめ / 美肌菌が多い肌できれいな美肌をキープしよう!

私たちの肌フローラは、善玉菌や悪玉菌、日和見菌がバランス良く機能することで安定して良い効果を肌にもたらします。

肌フローラの状態が良いと、美肌菌も増えて肌は弱酸性となり、バリア機能がしっかりと働くので、乾燥や紫外線といった外部のストレスから肌を守ってくれます。

 

また、美肌菌が多い肌はすっぴんでもきめ細かく、透明感があります。肌荒れも起きにくくなるので、ぜひ美肌菌を増やすちょっとした行動を今日から試してみてください♪ 菌活を始めとした食生活もおすすめですが、乳酸菌配合の化粧品を使うことで、より美肌菌を増やすことができます。

ぜひこの機会に食生活の改善や乳酸菌配合の化粧品を使用して美肌効果を実感してくださいね。

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸