腸だけではなく美肌にも良い!乳酸菌の種類とその効果とは?

乳酸菌といえば、便秘の解消や腸内環境を整えてくれるもの。

そんな印象を持たれている方が多いのではないでしょうか。ひとことに乳酸菌といっても多くの種類があります。またそれぞれ効果があり、腸の健康だけではなく美容にも良いことが分かっているのです。

便秘、ニキビ、肌荒れにも関係!?

実は、腸内環境と肌トラブルは密接な関係があります。便秘気味の時、ニキビが増えたという経験をお持ちではないでしょうか?これは腸にある悪玉菌が原因です。腸内に悪玉菌が増えると、老廃物も溜まり、それが血液を通して肌にも届いてしまうのです。

つまり、乳酸菌を積極的に摂る、腸活や菌活をすれば、腸が健康になるだけではなく美肌にもなれるということ。そんな乳酸菌の種類や効果について詳しく解説していきます。美容と健康の参考にしてみてくださいね。

乳酸菌が腸に与える効果とは?

善玉菌を増やしてくれる乳酸菌

乳酸菌は、腸の中の善玉菌を増やすために欠かせないものです。善玉菌は食べ物の消化を促進させるほか、大腸で糖を分解して乳酸や酢酸、ビタミン、アミノ酸をつくってくれます。

ストレスや食生活が乱れると悪玉菌が増えてしまいますが、善玉菌は悪玉菌を抑制する効果もあるので、菌のバランスを整えます。

動物性と植物性どちらも摂取しよう

乳酸菌は動物から生まれる「動物性乳酸菌」と、植物から生まれる「植物性乳酸菌」があります。どちらの乳酸菌も善玉菌のエサになるので、バランス良く習慣的に摂るようにするのがおすすめです。

動物性乳酸菌ならヨーグルトやチーズ、植物性乳酸菌はキムチや漬物に多く含まれています。

乳酸菌は乳酸や酢酸をつくり、より腸内環境を整えます。便秘や軟便にも効果が期待できますし、腸内環境を整えることで大腸に多くある免疫細胞が活性化するので、結果として免疫力も高めることもできるのです。

乳酸菌の種類と効果とは?

乳酸菌は250もの種類があり、健康効果や特徴が異なります。今回は有名なビフィズス菌、ブルガリア菌、ガゼリ菌の特徴と効果を解説していきます。

ビフィズス菌

腸内腐敗産物を減少させ、便秘の解消や下痢を予防します。免疫力も高めるので、花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果も期待できます。脂質の代謝を改善する効果もあるので、ダイエットにも役立ちます。

ブルガリア菌

腸内で生息できない菌ですが、ヨーグルト独特の風味である「アセトアルデヒド」を生み出し、サーモフィラス菌と組み合わせることで便通をスムーズにします。肌荒れも解消してくれるので、摂りいれることで美肌へと近づきます。

ガゼリ菌

ガゼリ菌は生命力が強く腸に長く定着します。整腸作用だけではなく、血中コレステロール値を下げ、内臓脂肪を減らす効果が期待できます。インフルエンザや歯周病予防にも効果的とされています。

実は美容にもいい!乳酸菌の美肌パワーとは?

美肌の敵は、「炎症」と「免疫力の低下」です。この2つを改善することで、美肌効果はぐっと高まります。乳酸菌にはこの2つを改善するパワーがあるのです。肌は乾燥や紫外線などのダメージを受けやすく、年齢と共に善玉菌は減少していきます。

おすすめは乳酸菌配合の化粧水

食品を通じて乳酸菌を摂るのも良いですが、

より美肌を目指すなら、乳酸菌が配合された化粧品がおすすめです。

乳酸菌の効果を直接肌に浸透させることができますし、悪玉菌と善玉菌のバランスを整えて、透明感のある肌へと近づけます。

菌活・腸活をとりいれましょう

また、日頃から体に良い菌を食生活に摂りいれる「菌活」や、乳酸菌を通じて腸内環境を改善していく「腸活」もするのもおすすめ。

毎日のお通じが、バナナ1本か2本分でスルッと出る、異臭がしない、便が浮かぶ場合は、腸内が健康である証拠です。菌活でキノコ類やお味噌汁、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂ることで、善玉菌が増えて健康的な体や美肌へ近づくことができます。

良い菌を育て、腸も肌も美しく

乳酸菌の効果は胃や腸だけに留まらず、美肌や体全体に良い影響を与えてくれます。発酵食品を日頃から摂るだけではなく、ぜひ乳酸菌が配合された化粧品もスキンケアに取り入れてみてください。

乳酸菌配合の化粧品は、乾燥や炎症で荒れた肌をやさしくサポートし、より透明感がある美肌へと近づくことができます。

良い菌を育てることが大切

また、ここ最近では体内に菌を取り入れるのではなく、「菌を育てる」食生活が注目されています

食生活では乳酸菌などの菌を多く摂ることで、腸内環境が整い体の中から綺麗になれます。

乳酸菌はヨーグルトに含まれているという印象を持たれている方が多いと思いますが、チーズや漬物、キムチなどにも豊富に含まれているので、ぜひ好きな食材を習慣的に食べて健康的な身体を目指してくださいね。


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸