毛穴の黒ずみとは?正しいお手入れ方法

毛穴の黒ずみとは?正しいお手入れ方法

人間の体にはありとあらゆるところに毛穴というものが存在します。

全身にある毛穴ですが、中でも気になってしまうのがやはり顔の毛穴です。毛穴の存在そのものはもちろんですが、毛穴の黒ずみが気になってしまうという方も多いのではないでしょうか?毛穴の黒ずみというのはやはりそのままでも目立ってしまいますし、メイクでもカバーしきれない部分があります。

メイクで一時的にカバーしても気がつけば毛穴の黒ずみが浮き上がっているといったことも珍しくありません。それに誰に見られるわけではないスッピンのときですら気になってしまいます。

ここでは、なぜ毛穴が黒ずんでしまうのか、正しいお手入れ方法についてご紹介していきたいと思います。  

 

なぜ毛穴が黒ずんでしまうのか?

 

そもそもなぜ毛穴が黒ずんでしまうのでしょうか?

まず挙げられるのは、毛穴の開きです。毛穴の開きというのは、ニキビのクレーターに例えることができるでしょう。というのも、ニキビのクレーターというのは影になって黒く見えるものです。それと同じように、毛穴が開くと影になって黒く見えてしまうのです。

また、毛穴に詰まったもので毛穴が黒ずんで見えてしまうこともあります。肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌されて、その皮脂と古い角質などを巻き込んで角栓とあってしまうこともあります。

さらに、肌が刺激を受けることによってメラニン色素を生成し、そのメラニン色素が毛穴の周囲に蓄積することによっても毛穴の黒ずみは起こります。

角栓が目立つわけでもないのに毛穴が黒ずんでいるという場合には、メラニン色素による可能性もあるのです。  

 

多くの人が陥りがちな間違ったケア

・毛穴パックはNG

毛穴の黒ずみのために多くの方がケアをしているのですが、実はそのケアが間違っており、毛穴の黒ずみを悪化させてしまうということもあるのです。代表的なものが毛穴パックです。毛穴パックは肌にとって刺激となりますし、余計に毛穴を広げてしまいます。

・角栓を無理やりとるのもNG

中には、直接的に角栓を抜くといったことをしている方もいるでしょう。しかしながら、これも間違ったケア方法になります。毛穴が広がってしまいますし、角栓を抜く際に毛穴の周辺の皮膚が傷ついてメラニン色素を生成してしまいます。

・クレンジングで無理に洗い流すのもNG

さらに、強いクレンジングなどで必要な皮脂まで洗い落としてしまうのもいけません。乾燥から皮脂が過剰に分泌されるようになりますし、その皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。  

 

今日から実践すべき正しいケア

まずは、毛穴パックや角栓を抜く行為をやめましょう。

強いクレンジングの使用も控えるようにしたいところです。その上で、正しい洗顔と保湿を意識したスキンケアを実践していきましょう。 洗顔はしっかりと泡立てたものを肌の上で滑らせるように優しく丁寧に洗っていきます。手や指でゴシゴシとする必要はありません。

ぬるま湯でしっかりとすすいで、清潔なタオルで押さえるように水気を取って、すぐにスキンケアに移りましょう。

スキンケアでは、保湿を意識したものを使うようにしましょう。スキンケアで保湿をしっかりとすることによって乾燥トラブルはもちろん、乾燥から来る過剰な皮脂分泌も抑えることができるのです。  

 

まとめ

毛穴の黒ずみというのは、多くの方が抱えている悩みでもあります。

広がり過ぎた毛穴や毛穴に詰まった角栓、毛穴の周辺のメラニン色素などによって黒ずみが起こるのですが、多くの方が毛穴の黒ずみのために間違ったケアをしているものです。毛穴パックや直接角栓を抜くといったことはもちろん、強いクレンジングなどでも逆に毛穴の黒ずみを悪化させてしまうものです。

だからこそ、そういった間違ったケアから卒業して、正しい洗顔と保湿を意識したスキンケアで毛穴の黒ずみに正しく対処していきましょう。

正しい洗顔と保湿を意識したスキンケアで、皮脂と乾燥を同時にケアすることができれば、毛穴の黒ずみも自然と解消されていくでしょう。        

 

 

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸