脱毛・除毛・抑毛・脱色の違いは?自分に合ったムダ毛処理をチェック

「脱毛、除毛、抑毛、脱色、それぞれの違いは?」と聞かれてすぐにわかる方は少ないと思います。

ムダ毛処理の方法はたくさんありますが、それぞれに定義がありその中でも方法は様々。

今回は「脱毛、除毛、抑毛、脱色」この4つの違いをしっかりと理解し、自分の肌質や生活スタイルに合うムダ毛処理方法を見つけていきましょう! 


脱毛、除毛、抑毛、脱色の違い

脱毛、除毛、抑毛、脱色の違い

脱毛とは、毛根ごと毛を取り除く方法

脱毛とは、毛根ごと毛を取り除くムダ毛処理の方法です。

代表的なものとして

・エステ

・脱毛器

・ブラジリアンワックス

・毛抜き

などが脱毛にあたります。

どれも「毛根から処理している」点が共通しています。 

エステや脱毛器はレーザー等で毛根にダメージを与えムダ毛を生えにくくしていきます。一方ブラジリアンワックスや毛抜きは、毛を根本から引き抜いて処理を行いますが効果は一時的です。



除毛とは、肌表面の毛を取り除く方法

除毛とは、肌の表面に生えてきた、今見えている毛のみを取り除くムダ毛処理の方法です。
混合しがちな「除毛と脱毛」の違いは、「体毛を毛根から取り除くかどうか」です。

代表的なものとして

・カミソリ

・除毛クリーム

・電気シェーバー

などが挙げられます。

カミソリや電気シェーバーは説明もいらないほど一般的ですね。手軽に処理ができるアイテムのひとつです。

除毛クリームは気になる部分に塗って、肌表面の毛を溶かすものです。

いずれも「肌表面の毛を処理している」点で共通しています。 



抑毛とは、毛を生えづらく細くしていく方法

抑毛とは、毛の成長を抑制することで毛を生えにくく薄くしていく方法です。

よく、抑毛ローションを使って「毛が抜けなかった!」などの口コミを見かけますが、抑毛とは毛を抜くことではなく、毛根に働きかけ時間をかけて効果を実感するものです。

代表的なものとしては

・抑毛ローション

・抑毛ジェル

などが挙げられます。どれも一定期間使い続けることで、効果が表れるものです。



脱色とは、生えている毛の色を抜く方法

脱色とは、現在生えている毛の色を抜く方法です。

日本人の多くはムダ毛が黒く目立ちますが、その色を脱色し金髪にすることで目立たなくなる効果があります。頭髪に使用するブリーチ剤と仕組みは一緒です。

代表的なものとしては

・脱色クリーム

が挙げられます。



そこで次に処理別のメリットデメリットを比較してみましょう。

脱毛のメリット、デメリット

脱毛、除毛、抑毛のメリットデメリット

脱毛サロン、エステ(脱毛器)

<メリット>

・毛が生えてこなくなる

・通っている間は大変だが、終わってしまえば効果は半永久的

<デメリット>

・コストがかかる

・施術が箇所、対象や体調によって痛い

・脱毛完了まで時間がかかる

・予約が取りずらい

・日焼けをしていると施術できない

施術が終われば、半永久的に効果が得られることが最大のメリットです。そこにたどり着くまでの、コスト、時間、痛み、手間などがデメリットとして挙げられます。エステでの全身脱毛となれば合計で30万円程と言われています。また、最低で1~2年間定期的に通わなければならず、予約も取りずらいのが現状のようです。



毛抜き

<メリット>

・自宅で処理ができる

・コストがかからない

<デメリット>

・埋没毛など炎症が起きる可能性がある

・広範囲になると時間がかかる

・痛みがある

手軽にできる自己処理法の一つでコストがかかりません。ですが、毛根から引き抜くので肌への刺激が強く、埋没毛炎症を起こす可能性が高くなります。また1本1本抜くため、広範囲の処理には時間がかかってしまいます。


除毛のメリット、デメリット

カミソリ

<メリット>

・手軽に短時間で処理できる

・コストがかからない

<デメリット>

・肌の表面まで削ってしまうため、肌荒れが起きることがある

・生えてくるまで3日前後と早く、処理回数が多くなる

・生えてくるとチクチクする、毛が太く見える

何といっても手軽さが魅力のカミソリ。コストも時間もかからないのが最大のメリットです。気になったときにササっと処理できるのは便利ですよね。一方で、どうしても刃で皮膚表面を削ってしまうので、肌の乾燥や肌荒れが起こってしまうことが多いようです。


除毛クリーム

<メリット>

・手軽に処理できる

・伸びてきてもチクチクしない

・肌やさしいものを選べばトラブルが無い

<デメリット>

・生えてくるまで一週間前後と、定期的な処理が必要になる

・商品によって匂いが強いものがある

カミソリ同様、自宅で気軽に処理できることが魅力です。カミソリより手間はかかるものの、生えてくるまでの期間は長いと言われています。直接肌に塗るものなので、自分に合った商品を選ばなければいけません。最近はこどもに使えるほど肌へのやさしさに特化したものや、匂いの気にならない商品も出ているようです。

「脱毛クリーム」、「除毛クリーム」の違いって?

「脱毛クリーム」とうたわれている商品がありますが、厳密にいうと「脱毛クリーム」は存在しません。

冒頭でもお話しましたが、脱毛とは毛根から毛を取り除くこと。クリームでは完全に取り除くことは不可能です。



抑毛のメリット、デメリット

抑毛ローション

<メリット>

・肌にやさしい成分でできている

・同時に美肌効果も期待できる

・ムダ毛を好みの量、濃さに調整することも可能

<デメリット>

・実感できるまで時間がかかる

・効果が出るまで毎日使わなければいけない


抑毛ローションの最大の魅力は、肌にやさしいことです。こどもから大人まで使える商品が多く、美肌成分も豊富にふくまれているためムダ毛処理とスキンケアを同時に叶えたい人にぴったりです。しかし、即効性はないため効果が出るまで継続して使用しなければなりません。


あなたに合ったムダ毛処理方法はコレ!

脱毛が合う人は、金銭的余裕があって肌の強い人!

脱毛サロンや脱毛器が合う人は、しっかり時間とお金がかけられる人向け!

確実に結果が出る脱毛サロンはやはり魅力的です。ムダ毛のためなら、お金をかけられる、時間を費やせる、痛みにも耐えられるという、とにかくムダ毛とおさらばしたいという方におすすめです。


除毛が合う人は、忙しくて時間が無く、肌を傷つけたくない人!

除毛が合う人は、処理にお金も時間をかけられない忙しい方。

自宅で手軽に自己処理できるのが除毛の最大のメリット。低コストで時間に縛られることなく気になった時に処理できます。さらにお肌を大切にするなら「除毛クリーム」がおすすめ。除毛方法の中でも肌を傷つけることなくムダ毛が処理できます。中には抑毛効果のある商品も揃っているので、自分の肌に合ったものを見つけることができれば強い味方になってくれるアイテムです。


抑毛が合う人は、肌を大切にしたくてコツコツ続けられる人!

抑毛が合う人は、コツコツ続けられて、スキンケアも一緒にしたい人!

効果が出るまで多少時間はかかりますが、一番お肌にやさしい処理法の一つです。抑毛成分と美肌成分が含まれている商品が多いため肌質改善も期待できます。一日一回塗るだけでムダ毛が細く薄くなってくれる上に、美肌も手に入れられるという、しっかり続けられる人には最適なアイテムといえます。


自分のライフスタイルに合った肌にやさしい方法を選ぼう!

混合されがちなムダ毛処理方法の違いと、それぞれのメリットデメリットはわかりましたでしょうか。

脱毛:「毛根ごと毛を取り除くこと」

除毛:「肌表面の毛を取り除くこと」

抑毛:「毛を生えづらく細くしていくこと」

脱色:「生えている毛の色を抜くこと」

です。その中でもおすすめの処理方法は

・時間とお金はかかるけど、確実に無くしたい…エステ脱毛/家庭用脱毛器

・時間もかからず、肌にやさしい…除毛クリーム

・コツコツ続ければ、美肌も手に入る…抑毛ローション

一番手軽なのはカミソリですが、自己処理を続けると肌の表面を削ってしまい、肌トラブルや乾燥を招くため、カミソリを使っての除毛はおすすめできません。

肌を傷めてしまう前に、上記3つのどちらかに切り替えましょう。


ムダ毛処理は、もはや男女共通のテーマです。

・男性:「朝一番にヒゲを剃っても、午後には青々と生えてくる…」

・女性:「ムダ毛が気になって、ノースリーブや水着が着られない」

ずっと悩み続けるなんて嫌ですよね…。

ムダ毛が多いことにストレスを感じるようでは、自分に自信がなくなってしまいます。

まだまだ輝ける人生を送るためにも、今回のムダ毛処理方法の違いを通して、考え方を見直すきっかけにしてみてください。


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸