日焼けをするとムダ毛が濃くなるのは嘘?ホント!?紫外線とムダ毛の関係は?

 

日焼けをするとムダ毛が濃くなる…こんなウワサ聞いたことありますか?

これって実は、ホントなのです。

 

でも心配ありません!原因がわかって、しっかりケアさえしておけば日焼けも怖くありません。

この記事では、日焼けとムダ毛の関係について詳しく解説します。

紫外線からのお肌の保護だけでなく、注目の抑毛もできる紫外線ケアまでご紹介します。

 

日焼けはムダ毛ケアに大敵?

 

屋外プールや海、バーベキュー、旅行、スポーツなど、

長時間屋外にいるとどうしても紫外線を浴び続けてしまいます。

お肌へのダメージは勿論、日焼けですることで毛の成長を促してしまいます

 

「日光浴は身体によいのでは…?」

「ムダ毛を気にしすぎて、一瞬も日焼けしないのは無理…」

 

そう思う方も多いでしょう。

 

たしかに、日に当たることで得られる栄養素があったり、身体のリズムを整えたりと、日光を浴びることが悪いことばかりではありません。

でも、紫外線ケアを全く行わず過ごしていると、日ごろ気にかけているスキンケアやムダ毛ケアが水の泡となってしまいます。

 

紫外線とムダ毛の関係

 

そもそも紫外線は、お肌にダメージを与えるUVです。

晴れた日に多く降り注ぎますが、曇りの日で50~80%、雨天でも30%は地表に届きます。

 

紫外線を浴び続けるとメラニン色素が発生し、お肌をダメージから保護しようとします。そして通常ならこのメラニン色素はターンオーバーによって排出されますが、残ってしまうとシミとなります。

 

ところが、このときにお肌を守ろうとするのはシミだけではありません。

皮膚の下にある体毛も、肌を紫外線から守ろうと活発になります。

これが、紫外線を浴びるとムダ毛が濃くなる原因です。

 

もし日焼けしてしまったら?~予防とケア~

紫外線対策に必要なのは、なんといっても日焼け止めです。

まずは、日焼け止めを選ぶ基本的なポイントを見てみましょう。

 

基本的な日焼け止めの数値の見方

ポイントは、シーンに合わせて「SPF」と「PA」の値を選ぶことです

 

SPF

(UVB対策)

紫外線UVB波によるお肌の赤み・炎症を防ぐ効果を示した値。

国内では1~50まであり、数値が大きいほど日焼け対策の効果が高い。

PA

(UVA対策)

紫外線UVA波による急激な日焼け・徐々に起こるお肌のハリの低下を防ぐ効果を示した値。

国内では「+」~「++++」までの表記方法があり、「+」が多いほど光老化対策の効果が高い。

 

UVBとは、紫外線の約5パーセントを占めている有害物質です。

屋外に出ることの多い女性は、SPF30~50程度の効果を持つ日焼け止めを選びましょう。

 

一方で、UVAとは、紫外線の約95パーセントを占めている有害物質です。

日光を浴びて起こるお肌のダメージの原因の大半は、UVAになります。

 

UVAは室内にいても窓越しに降り注ぎ、お肌の真皮まで到達してしまう特徴があります。

屋外でのレジャー時にはPA+++」、「PA++++と表記された日焼け止めを選んで光老化対策に役立てましょう。

 

このように毎日の紫外線対策はシーンに合わせて日焼け止めを使い分けることが重要です。

また、日ごろからムダ毛ケア効果のある日焼け止めを使ったり、ムダ毛にアプローチしてくれる商品を使うのも有効です。

 

ムダ毛ケアのできる日焼け止め、ローションの選び方

ムダ毛ケアのできる化粧品が注目されはじめ、最近よく見るようになりました。

カミソリやエステなどと違い、肌に負担がかからないやさしいものが多いのが特徴です。

値段だけで判断せず、成分や口コミをよく見て本当に効果のあるものを選びましょう。

 

抑毛ローション

顔、身体のどちらにも使用でき、毎日使うのが基本です。

また、日焼けによるお肌の炎症を沈めたり、お肌の透明感のケア、ムダ毛のどちらにもアプローチしてくれます。

特に天然成分やパイナップルなどの果物由来エキスを使った抑毛ローションがおすすめです。

また、女性ホルモンを増やすことで有名な大豆」を配合した抑毛ローションも光老化対策に最適です。

お肌に負担をかけず、高い抑毛効果を発揮してくれるでしょう。

 

抑毛効果のある日焼け止め

効果的な成分は抑毛ローションと同じく、パイナップルなどの天然成分

女性ホルモンの働きを助ける大豆を使ったものがおすすめです。

紫外線によるダメージを防いでくれるだけでなく、ムダ毛へのアプローチも期待できます。

 

 

肌にもムダ毛にも大敵!~紫外線ケアはしっかりと~

 

このように、紫外線はお肌とムダ毛の大敵です。

毎日のケアで、紫外線による肌へのダメージとムダ毛対策をしっかりしていきましょう♪


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定協会認定)
片岡 祥幸