【たるみ毛穴編】憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と改善法

年齢を重ねると色々と出てくるお肌の悩み。シミやシワはわかりやすい悩みですが、いつの間にか目立つようになるのが毛穴の悩みです。

10〜20代の頃は皮脂の分泌が多いので毛穴の黒ずみやぶつぶつが気になる傾向にありますが、加齢とともに気になるのが毛穴の開きです。

その毛穴の開きを放っておくと肌の衰えとともに見え出すのが「たるみ毛穴」です。

メイクで隠そうにもシミとは違ってなかなか隠しきれません。ファンデーションが厚塗りになるのも嫌ですよね。

今回は、たるみ毛穴とはどのような毛穴のことで、なぜできてしまうのか。また、どのようにして改善していけば良いのかについてお話しします。

「最近毛穴が目立ってきた・・・」というお悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

↓こちらの記事もチェック!
◆【憧れに毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と毛穴対策】

たるみ毛穴とはどんな毛穴のこと?

たるみ毛穴とはどのような毛穴のことをいうのでしょうか。
たるみ毛穴はいきなりできるものではありません。

「最近毛穴が目立つんだけど、これはたるみ毛穴かな?」と思ったら、次のお肌チェックをしてみましょう。

 ・肌を上の方に引っ張ると目立たない

 ・ファンデーションで隠そうとすると毛穴に入り込んでしまって余計に目立つ

 ・最近、ほうれい線も気になりだした

 ・頬を中心に毛穴が目立つ

 ・肌が乾燥気味である

当てはまるものが多いほど、たるみ毛穴の可能性が高いです。

<たるみ毛穴の特徴>

たるみ毛穴はその名の通り、毛穴がたるんでしまって目立つようになったものです。毛穴が開いて緩んだ状態なので、よく見ると楕円形になっているのがわかります。

顔の中でも頬などたるみが出やすいところで目立つのが特徴です。

たるみ毛穴の原因は?

たるみ毛穴はなぜできてしまうのか、それには主に3つの原因があります。

  1.  お肌の老化

肌の奥にある真皮層が衰えてくると肌の弾力がなくなり、毛穴が奥に引っ張られます。そのため開いたままたるんでしまうのです。

 2. ホルモンバランスの乱れ

女性はストレスや疲労によってホルモンバランスが乱れることがあります。

特に30代になると徐々にホルモンバランスが乱れ始め、皮脂が増えるため毛穴が開きやすくなるのです。

 3. 肌の保湿不足・乾燥

お肌の乾燥もたるみ毛穴の原因になります。乾燥してお肌にハリがなくなると毛穴がしぼんだようになるので、たるみが目立つのです。

たるみ毛穴の改善法

では、たるみ毛穴はどうやって改善していけば良いのでしょうか。原因に応じた改善法が必要です。毛穴レスの肌を作るには、3つのことに気をつけましょう。

<1. 年齢肌にはエイジングケア>

年齢によるたるみには、肌のハリアップが効果的です。ぜひ、リフトアップマッサージを取り入れてみましょう。マッサージクリームか植物オイルをつけて、顔を下から上に向かって優しくマッサージします。

また、コラーゲンやヒアルロン酸など肌のリフトアップに良い成分を含む化粧品やサプリメントなどで内から摂取するのもおすすめです。


↓こちらの記事もチェック!

◆【ヒアルロン酸の驚くべきうるおいパワーとは?美肌効果を徹底調査!】

<2. 生活習慣でホルモンバランスを整える>

女性のホルモンバランスは繊細なので、疲労やストレスがたまるとバランスが乱れやすくなってしまいます。疲れを取るために、シャワーだけで済ませずに、ゆっくりと湯船に浸って体と心をリラックスさせましょう。

そして、睡眠をしっかり取ること!夜更かしはほどほどにして、遅くとも12時までに寝るようにしましょう。


↓こちらの記事もチェック!

◆【睡眠不足は肌の敵!美肌に欠かせない良質な睡眠とは?】

<3. 保湿をしっかりする>

年齢を重ねるほどにお肌は乾燥しやすくなるので、適切な保湿が必要です。洗顔後は時間をおくとどんどん肌が乾燥していくので、洗顔後はお肌が乾燥する前に化粧水と乳液(またはクリーム)などを塗って保湿しましょう。

そして肌の潤いを保つためには適度な水分補給も必要です。1日1〜1.5リットルは水分を飲むように心がけましょう。

また、紫外線を防ぐことも大切です。紫外線はシミの原因になるだけでなく、お肌を乾燥させてしまうので、季節を問わず紫外線対策を心がけましょう。


↓こちらの記事もチェック!

◆【紫外線はお肌の大敵!PA?SPF?正しい知識とケアでUV対策を!】

まとめ

年齢を重ねるとどうしても毛穴のたるみは気になります。年齢には逆らえない部分もありますが、日頃のスキンケアやライフスタイルによって、その変化を少しでも緩やかにすることはできるのです。

エステに通ったり高級な化粧品を使ったりしなくても、自分でできる対策はたくさんあります。

私たちの肌は食べた物でできていますし、新しい肌は寝ている間に作られます。口にするもの、生活習慣を見直すだけでも肌は応えてくれます。

もちろん丁寧なスキンケアは欠かせません。自分の肌に合ったものを見つけて毎日継続しましょう。たるみ毛穴は気が付いたらすぐにケアを始めるのが大切です。毛穴レスの肌を作るためにも、今日からできることを積み重ね、理想の肌を目指しましょう。


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸