もう常識?デリケートゾーン、VIO脱毛はみんなどうしているの?

頻繁に人に見られる場所ではないけれど、水着になったり、温泉に行ったりすると気になるのがデリケートゾーン、VIOのお手入れですね。

自分でお手入れはできるの?やっぱりエステや美容皮膚科に行かないとダメなの?今回はこうしたVIOゾーンのお手入れに関する疑問にお答えし、お手入れ方法の紹介からそれぞれのメリット、デメリットについてお伝えします。

やっぱり聞きにくい!みんなのVIOお手入れ事情

みなさんはVIOゾーンのお手入れはどうしていますか?とても気になる話題ですが、仲のいい友達同士でも、この話題はなかなか出しにくいし、聞きにくいですよね。
 実は多くの日本人女性がデリケートゾーンのお手入れについて悩んでいます、その理由は、日本でデリケートゾーンのお手入れが意識され始めたのがごく最近だからです。


 海外では、VIO脱毛が一般化しています。それはVIOのお手入れ、特に脱毛をしていないと水着やファッションが自由に選べないという外見の問題だけでなく、お手入れが衛生的に必要、という考えからとのこと。
 VIO脱毛をしていないと、デリケートゾーンが汚れて不衛生になりやすいことから、欧米ではVIO脱毛をハイジニーナ(衛生)脱毛と呼び、一般に定着しています。こうしたデリケートゾーンのお手入れについて、ハリウッド女優やセレブが公言したため、日本でも最初は芸能人やモデルを中心にデリケートゾーンのお手入れが広がり、近年になって、一般の女性たちにもじわじわと広がっています。


 ちなみにある調査では下の表のように、約半数の女性がデリケートゾーンについて何らかの処理をしていました。

Q デリケートゾーンの毛を処理していますか?

していない……51

長さをカットする……24

見える部分を自分で抜く……19

サロンで処理……6%

出典:CanCam.jp 2018.11.5号 https://cancam.jp/archives/131749/2

お手入れ方法の種類

現在よく使われているデリケートゾーンのお手入れ方法から、メリット・デメリットをまとめました。

はさみ
目で見える範囲でデリケートゾーンのムダ毛が長いところ、密集して目立つところをカットします。誰にも見られず、手軽に安全にできるのがメリットです。一方で見えないところはできない、またカットした毛がチクチクする、というデメリットがあります。

カミソリ
こちらも目で見えるところを、一気に剃り落とすことができます。誰にも見られずに、手軽に処理できるところがメリットです。
デメリットは見えないところを剃る危険性と、ただでさえ敏感なデリケートゾーンの肌を、カミソリで傷つけてしまう危険性があることです。またどこまで剃ったらいいのか、と悩まれる方も多いでしょう。

電気シェーバー
カミソリに比べると安全に剃ることができるのがメリットです。デメリットはやはり肌を傷つけてしまうことです。


サロンや美容皮膚科
自己処理に比べるときれいに安全にできるのがメリットです。ただし人に見られる恥ずかしさや、痛みがあり、費用と通う時間がかかるのがデメリットです。

全部なくすには抵抗が…。そんな方には抑毛ローションがおススメです!

実はデリケートゾーンのお手入れには「脱毛・除毛」のほかに、もう一つ選択肢があります。それは「抑毛」です。

 「VIOを脱毛してしまうと、温泉などに行ったときに人目が気になる」と脱毛をためらう方もいると思います。
このようにVIO全部を無くすのは抵抗があるけれど、ムダ毛を少し減らしたい、薄くしたい、という方には「抑毛ローション」がおススメです。


 「抑毛ローション」は、継続的に使用していくことで、毛の発育を遅くする効果があります。自分で気になるところに1日1~2回抑毛ローションをマッサージするように塗るだけで、ムダ毛を薄くしたり、細くすることができます。
 また脱毛と違い、一気にムダ毛が無くなるわけではありませんので、使用中人の目が気になることもありませんし、期間を調整すれば、自然に自分が望むような毛の薄さや量に調整することが可能です。また、お手入れ時に誰かにデリケートゾーンを見られる恥ずかしさもなく、また肌やお財布に大きな負担をかけずにお手入れができる優れものなのです。

抑毛ローションのメリット

・お肌にやさしい

・お手入れ時の恥ずかしさが無い

・自然な仕上がり

・処理後はチクチクしない

<まとめ>お肌をいたわりながら、お手入れをしましょう

VIOのお手入れは、いまや日本でもトレンドになりつつあります。お手入れをする時には、できるだけ安全で、自然な仕上がりが嬉しいですよね。また痛みや人に見られる恥ずかしさが無く、肌に優しく、時間的・金銭的な負担も大きくない方法があったら、それを使ってみたいと思いませんか?

抑毛ローションも一つの手段として利用してみましょう。1日1~2回、自分で気になるところに塗るだけ、というお手軽さでVIOのお手入れができるのです。

今までVIOのお手入れが気になりながらも踏み出せなかった方も、抑毛ローションを使い、お肌をいたわりながらVIOのお手入れに挑戦してみてはいかがでしょうか?


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメ コンシェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸