【黒ずみ毛穴編】憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と改善法

毛穴の悩みは尽きないものですが、「高級な化粧品を使っても全然改善されない」とお悩みではありませんか?皮脂が出たり、開いたり、毛穴の悩みにも種類があります。今回は「黒ずみ毛穴」について詳しくお話します。

毛穴を改善するには、まず自分の肌がどんな状態なのかを知りましょう。肌の状態で変化する毛穴のタイプに合わせて対策をしていくことで、徐々に改善されていくでしょう。

↓こちらの記事もチェック!
◆【憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と毛穴対策】
◆【たるみ毛穴編】憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と改善法

黒ずみ毛穴とはどんな状態の毛穴?

黒ずみ毛穴の対策の基本は丁寧なスキンケアです。実は、黒ずみ毛穴には種類が2タイプあります。そのタイプに合わせたスキンケアが重要になります。黒ずみ毛穴のタイプは触ってみると分かりますので、あなたの黒ずみ毛穴がどのタイプなのかチェックしてみましょう。

<触るとブツブツする>

毛穴をよく見るとブツブツしていて、手で触ってみてもブツブツ、ザラザラしている。そんな黒ずみ毛穴がおでこや鼻などの皮脂の多いTゾーンに多くみられる場合は、角栓が詰まったタイプの黒ずみ毛穴です。小鼻の周りに多い場合は「いちご鼻」と呼ばれることもあります。

<触っても特に何もない>

触ってみても特にブツブツはしていない、ツルツルしているはずなのに毛穴の黒ずみが目立つ場合は、メラニン毛穴です。つまり、毛穴のシミで黒ずんで見えるのです。毛穴に何かが詰まっているわけではないので、触ってもザラザラしないのです。

黒ずみ毛穴ができる原因は?

黒ずみ毛穴ができてしまう原因は、角栓とメラニンです。それぞれ詳しく説明しましょう。

<ブツブツしている黒ずみ毛穴の原因は角栓の酸化>

触った時にブツブツしている黒ずみ毛穴は、毛穴に詰まった角栓が酸化してしまっていることが原因です。角栓は古い角質と皮脂が混ざりあったものです。

・皮脂の過剰分泌

・肌のターンオーバーの乱れ

などによって溜まりやすくなります。

その角栓が酸化して黒ずんだ状態が黒ずみ毛穴なのです。

<ブツブツしてない黒ずみ毛穴の原因はメラニン色素の沈着>

触ってもブツブツしていない黒ずみはシミ!メラニン色素が沈着してしまったものです。メラニン色素ができる原因は、主に2つあり、1つは紫外線、もう1つは毛穴の炎症です。

紫外線によってメラニン色素ができるのはご存知かと思いますが、摩擦などで肌に刺激を与えることによって毛穴の周りに小さな炎症が起きてメラニン色素が沈着してしまうことがあるのです。ニキビを潰してしまった時などにも起こります。
また、クレンジングや洗顔の時にゴシゴシこすっていませんか?その摩擦が黒ずみ毛穴を作ってしまう原因の1つなのです。

黒ずみ毛穴の改善法

黒ずみ毛穴を改善するには、肌にやさしいスキンケアと保湿、紫外線対策がとても大切です。

<正しいクレンジングと洗顔方法を知る>

肌への摩擦は角質を厚くし、メラニン色素を作ることにもつながるので、できるだけ肌に刺激を与えないようなスキンケアをしましょう。

クレンジングは、使う量が少ないと摩擦が大きくなり肌に負担をかけてしまいます。洗顔も同様、泡が少ないと手で肌をこすってしまいます。

・クレンジング剤の量を見直すこと(肌に負担をかけない適量)
(クレンジング剤は少なくても多すぎてもNG)

・たっぷりの泡でこすらず優しく洗うこと

この2つを心がけましょう。

↓こちらの記事もチェック!
◆【毛穴の黒ずみとは?正しいお手入れ方法】

<保湿を徹底する>

過剰な皮脂分泌を防ぐためには、肌の乾燥対策が重要です。保湿効果の高い化粧水を選びましょう。一度にたくさんつけるよりも数回に分けて付け、最後にハンドプレスをしてなじませると浸透が良くなります。

<年間を通した紫外線対策>

日焼け止めが必要なのは夏だけではありません。春や秋も紫外線は降り注いでいますので、冬でも天気がいい日には日焼け止めが必要です。

ちょっとそこまで買い物にいくだけだからと油断せず、外出するときには日焼け止めを塗るようにしましょう。

<生活習慣の見直し>

黒ずみ毛穴を改善するには、食生活や睡眠など生活習慣を見直すことも必要です。私たちの肌は食べたものでできているので、スキンケアだけで改善するのには限度があるからです。

肌の新陳代謝をよくするビタミンB2肌の健康を保つβカロテン(ビタミンA)を含むレバー、緑黄色野菜などを積極的に摂りましょう。また、夜更かしは成長ホルモンの分泌を妨げ、肌荒れに繋がりますから、睡眠もしっかり取りましょう。

↓こちらの記事もチェック!
◆【生活習慣と肌 ~ストレスに負けない美肌作り~】

まとめ

黒ずみ毛穴は紫外線、肌への摩擦、皮脂の過剰分泌などさまざまな原因が積み重なっており、一つずつ原因を取り除いていくことが大切です。

毛穴レスの肌を作るためにもやさしいスキンケアを心がけ、とにかく肌に刺激を与えないように、気をつけてみてください。それだけでも肌は徐々に変わってくるでしょう。また、天気がいい日だけでなく、曇りの日も紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを塗るのもお忘れなく!

黒ずみ毛穴は放っておくと毛穴が広がり、さまざまな肌トラブルや、たるみ毛穴ができる原因にもなります。そうなってからではますますスキンケアが大変になってしまいますので、今からしっかりと毛穴対策をしていきましょう!


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)

片岡 祥幸