顔の産毛が濃い方へ!正しい剃り方とおすすめの処理方法

顔の産毛を気にする女性

顔の産毛の濃さに悩んでいませんか?
ヒゲとまでいかないまでも濃い産毛の悩みはだれにも相談しづらいものですよね。

顔の産毛の処理をすると、毛穴が目立たなくなり、肌がワントーン明るくなるだけではなく、
肌トラブルも防ぐことができ、たくさんのメリットがあるといわれています。

今回は、なぜ顔の産毛が濃くなってしまうのか、また正しい剃り方とおすすめの処理方法ついてご紹介します。

 

顔の産毛が濃くなる原因

①ストレス

リラックスしている女性

ストレスによって、女性ホルモンと男性ホルモンのホルモンバランスが乱れることがあります。
男性ホルモンが優位になることで、顔のヒゲが濃くなってしまうと考えられています。
忙しい日々が続いても上手に適度に息抜きをしましょう。ストレスは無意識に蓄積してしまうので、解消することが大切です。

②食生活の乱れ

色とりどりの野菜

ファストフードやインスタント食品などの偏った食事が多いとホルモンバランスが乱れがちになってしまいます。
積極的に野菜を摂り、栄養バランスを考えた食事にしてみてください。
顔の産毛が濃い方は、女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンを含む納豆や豆乳など大豆製品なども取り入れバランス良く摂取していくように心がけましょう。

③睡眠不足

睡眠中の女性

美しい肌を作るためには良質な睡眠をとることが大切です。
最近では、眠る時間帯の関係よりも、眠りに落ちてすぐの「ノンレム睡眠(深い眠り)」の約3時間に成長ホルモンがたくさん分泌されているということがわかってきました。

つまり、美肌を作るためには寝つきが良く、最初に深い眠りにつくということが大事だったのです。
スマートフォンやパソコンの光は睡眠の質を下げる可能性があるため、就寝2時間前には使用を控え、良質な睡眠を心がけましょう。

 

産毛を処理すると濃くなるって本当?

結論から言うと、実は産毛は濃くなっているのではなく、濃く見えているだけなのです。濃く見えてしまうのには、ムダ毛の断面が関係しています。
通常、ムダ毛は毛先に向かってどんどん細くなっていくものです。
しかし、カミソリによってムダ毛が切断されると、その断面が斜めになります。

一方毛抜きは、毛根から毛を取りますが、切れ毛や埋もれ毛でさらに目立つことも。肌への負担も大きいのでおすすめできません。

 


毛の断面が斜めになることで表面積が広くなり、断面が目立つように感じられるのです。
その断面のままムダ毛が伸びていくことで、毛が太く濃く見えてしまうのです。

産毛は処理方法によって、生えてくる毛が徐々に薄く・目立たなくなり、お手入れが楽になると同時に美肌に導いてくれます

それではおすすめの処理方法を見ていきましょう。

 

顔の産毛のおすすめの処理方法は電動シェーバー

カミソリよりも電動シェーバーがおすすめです。

電動シェーバー

カミソリは手軽ですが、肌を守る角質層までも削ってしまい肌へのダメージは大きいです。
一方、顔専用のシェーバーも販売されており、細かいところにもお手入れしやすいです。
電気シェーバーは、直接肌に刃があたりにくいので、カミソリよりもダメージを抑えられます。

 

顔の産毛処理前後のスキンケアが大切!

産毛処理を始める前は、肌をやわらかくするために化粧水や乳液で保湿しておきましょう。保湿をせずにカミソリの滑りが悪くなり、肌を傷つけてしまう恐れもあります。
毛を剃った後は濡れたタオルで顔を拭いてきれいにした後、化粧水で肌を整えます。
処理した後のお肌はとてもデリケートな状態のため、しっかり保湿してあげましょう。

 

肌を傷つけず毛が薄くなる!?「抑毛ローション」もおすすめ

化粧水を手に取る画像

毎日塗るだけでムダ毛を薄く、細く、生えにくくする効果のある化粧水です
即効性はないものの、塗り続けることで徐々にムダ毛そのものを目立たなくしていきます。
毛だけではなく美肌への効果も見込めます。このような化粧水に配合されている代表的な成分として大豆イソフラボンパイナップル酵素などが挙げられます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすると言われています。
体のムダ毛はホルモンと関係があり、口まわりの産毛、手足やワキの下の体毛は男性モルモンの影響を受けて生えいてます。
ダイズエキスが配合された化粧水を肌に塗りこむと女性ホルモン様のは働きをするイソフラボンが毛穴に浸透していき、毛を細くしたり生えにくくします。

大豆と豆乳

パイナップル酵素は、タンパク質を分解する働きのあるパイナップルに含まれる酵素のことです。
ムダ毛はタンパク質からできており、パイナップル酵素の力でタンパク質を分解して、ムダ毛の成長を抑えてくれるといわれています。

パイナップル

敏感肌や小さいお子様にもご使用いただけるムダ毛ケアとスキンケアが同時にできる、お肌にやさしい処理方法です。

 

まとめ:電気シェーバーと抑毛ローションの合わせ使いでツルスベ肌へ

顔の産毛が濃い方へのおすすめの処理方法は、 電気シェーバーと抑毛ローションの合わせ使いです。
お肌への負担を最小限に抑えながら産毛のお手入れができます。
抑毛ローションは肌が清潔な状態で使うことをおすすめします。産毛処理後のお肌の保湿ケアとしても使えるのでスキンケアとしても役立ちます。
ムダ毛の流れに逆らうように塗ることで、毛穴へ浸透しやすくなります。

濃い産毛でお悩みの方へ!産毛処理をしてぱっと明るいツルスベのお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?