10代ニキビの原因は?跡を残さず早く治す方法

思春期の大多数を悩ませる10代ニキビ

チョコレートを控えても、揚げ物を食べないようにしても、一向に治りません。   それどころか、日に日にニキビが増えていき、おでこや頬はブツブツだらけ…。 入浴時には、きちんと洗顔もしているのになぜでしょう?  

このように考え出すと、次第に鏡を見るのも嫌になってしまいます。 「学校に行くのも嫌」「人前に出たくない」と憂鬱になってしまう10代女性も少なくありません。  

だからといって、ニキビを潰すのはNG。 大人になってから跡が残るだけでなく、治りが遅くなってしまいます。   思春期の体の変化と肌荒れの関係について学び、適切な方法でケアすることが大切です。

今回は、10代ニキビの原因と跡を残さず早く治す方法について解説します。    

 

10代ニキビの原因は?

  10代ニキビができるのは、皮脂の過剰分泌によって毛穴が塞がれてしまうからです。

思春期の女の子は、「第2次性徴」というホルモンバランスが乱れる時期にさしかかります。

そこで皮脂が必要以上に出て、毛穴の奥で悪玉のアクネ菌が過剰繁殖するのです。

 

 

中学生、高校生の肌に10代ニキビができるメカニズム

アクネ菌は皮脂を取り除く役割を担い、私たちの美肌をサポートするのに必須です。

普段は毛穴の奥(真皮、皮下組織)で活動する常在菌ですが、皮脂が過剰に分泌されると、肌の表面にまで繁殖し毛穴に炎症が起こります。   そして炎症をこじらせた結果、顔周りには吹き出物が広がってしまうわけです。

これが、中学生・高校生の肌に10代ニキビができるメカニズムです。  

 

やりがちな間違ったニキビケア

「ニキビができても若いから平気」と考えている10代女子のあなた。 実は、思春期に起こる顔周りの炎症を放っておくと、大人になって跡が残ってしまいます。

正しいスキンケア方法を心がけ、頑固なニキビを早く治しましょう。  

やりがちな間違ったニキビケア6選

☑洗顔の回数が1日3回以上と多すぎる

☑ニキビを潰す

☑皮脂を取り除こうと顔を熱いお湯ですすぐ

☑肌荒れの悪化を防ぐために日焼け止めを塗らない

☑毛穴の詰まりを解消しようとスクラブ洗顔を使う

☑皮脂が多いので保湿しない

  顔のテカリを気にするあまり、1日に何度も洗顔したり、保湿を怠るのはNG。

肌が清潔になったように見えるかもしれませんが、実際はニキビが悪化するだけです。  

ニキビケアで大切なことは、肌に低刺激な洗顔料を使い、毛穴の炎症を抑えることにあります。 吹き出物を潰す、熱いお湯で顔をすすぐのは、今日からやめましょう!   このように、自己流のニキビケアの大半が間違いであることがわかりますね。

中・高校生は、こうしたヒントをもとに、毎日のスキンケアを見直しましょう。  

 

毎日のスキンケア、食生活のポイント

 

毛穴の炎症を抑えてニキビの発生を防ぐためには、ビタミンCの摂取が必要です。 毎日のスキンケアと食生活の双方から見直すことを意識しましょう。  

・スキンケアのポイント

思春期に入ると、大人の体へと成長する過程で、肌が過敏になります。

肌への摩擦はできるだけ避けるように洗い、洗顔の回数は1日2回までにしてください。   また、日差しの有無にかかわらず、紫外線対策は欠かさず行いましょう。 赤ちゃんにも使える日焼け止めクリームも市販されていますので、要チェック。  

化粧水は、ビタミンC誘導体(APPS)配合の低刺激タイプを使うのがおすすめです。 無添加で敏感肌専用の化粧品であれば、ニキビの広がりも防ぎやすくなります。  

・食生活のポイント

スキンケアも大切ですが、やはり食生活の見直しも大切です。

油っこいものや、添加物入りの食品は控えるよう心がけましょう。 お肉ばかり摂ってしまう人は、毎日の献立は野菜・果物・魚を中心に変えてみましょう。   ビタミンCの多いイチゴ・キウイ・パプリカ・アセロラなどを食事に摂り入れることで、紫外線ダメージを和らげ、健やかな肌質を保つことにつながります。  

朝食のお供に野菜ジュースを飲むことでも、代謝を上げて肌の生まれ変わりを促進する効果が得られますよ。    

 

まとめ:規則正しい生活と、適切なケアを心がけよう!

  成長期に入った中学生・高校生にニキビができるのは、防ぎようのないこと。

大事なのは、1度できた吹き出ものの跡を残さず早く治す心がけです。  

若いうちからスキンケアをしておけば、大人になってからニキビ跡で悩まずに済みます。 また、1日も早く肌荒れを治したいからといって、間違ったスキンケアを行ってはいけません。   10代ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消し、皮脂の過剰分泌を抑えるのが先決です。 そのために、毎日のスキンケアと食生活の見直しが必要になります。  

睡眠不足も肌荒れ症状の原因ですので、夜更かしは極力しないでくださいね。 規則正しい生活を送ることは、10代ニキビを早く治す前提条件なのです。      

 

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

美容薬学検定1級認定

藤田 慎司