肌がべたつく本当の理由とは?オイリー肌のスキンケア対策

肌がべたつく理由とは?

肌のべたつきで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

もしかしたらオイリー肌、つまり脂性肌なのかもしれません。脂性肌というのは放置しておいてもいいことはありません。むしろ、放置しておくと余計な肌トラブルを招いてしまいます。だからこそ、脂性肌の原因と対策をきちんと理解しておきましょう。

脂性肌の原因を知り、対策を実践することが大切なのです。  

 

そもそも脂性肌(オイリー肌)とは?

脂性肌は、皮脂が過剰に分泌されている状態の肌です。もともと皮脂というのは肌を保護するために必要なものなのですが、その皮脂が過剰に分泌されるようになるとさまざまな問題が出てきます。

・顔がテカリやすい

・毛穴の黒ずみが目立つ

・ニキビができやすい

脂性肌の場合、メイクをしてもすぐにてかってしまうのはもちろん、毛穴の黒ずみが目立ってしまう、ニキビなどの肌トラブルが絶えないといったことが起こるようになります。人によっては脂漏性皮膚炎などの皮膚炎を起こしてしまうこともあるのです。脂性肌は放置しておいても症状が悪化してしまうだけなのです。  

 

脂性肌トラブルの原因は乾燥!

脂性肌トラブルというと、脂っこい食事などの食生活に原因があると思われがちです。

実際に食生活から脂性肌トラブルが起こることもあるのですが、意外なことに脂性肌トラブルの多くが肌の乾燥が原因です。脂性肌と肌の乾燥というとまったく関係がないように思えるのですが、実はこのふたつには深い関係性があります。

 

・肌の乾燥が皮脂を招く

 

肌が乾燥すると、水分が逃げないように皮脂を分泌するようになるのです。

その分泌が適度であれば問題ないのですが、乾燥が進むと皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。脂性肌の方はこの分泌された皮脂を無理に取り去ろうとして、より皮脂が分泌される悪循環にはまってしまうのです。  

 

べたつく肌の対策には保湿ケアがおすすめ

肌がべたつくからといってさっぱり系のスキンケアをおこなおうとする方も多いのですが、これは逆効果です。

乾燥によって脂性肌を引き起こす場合、スキンケアで意識すべきは保湿です。乾燥しない状態を作ることができれば、皮脂が過剰分泌されることもなくなるのです。

 

・肌のべたつきにはうるおいを与えるケアを

保湿を重視したスキンケアをするなら、さっぱり系のスキンケアではなく、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入った化粧品を選びましょう。根本原因である肌の乾燥が改善されることで、過剰な皮脂も減り、肌のべたつきも軽減されていきます。  

 

まとめ

肌がべたついてさまざまなトラブルが起こっているということであれば、脂性肌(オイリー肌)である可能性が高いです。

脂性肌は肌の乾燥によって引き起こされるものです。乾燥によって皮脂が過剰に分泌されると脂性肌の方はその皮脂を取り去ろうとしますが、それがより乾燥を招き……といった具合に悪循環にはまってしまうのです。 肌は、油分と水分のバランスと保つことが大切です。

そのためにも、さっぱり系のスキンケアではなく、保湿を意識したスキンケアを徹底していくようにしましょう。保湿ケアをおこなっていくことによって、過剰な皮脂を出さずに美肌を目指していきましょう。

 

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

美容薬学検定1級認定

藤田 慎司