女性にうれしい「大豆イソフラボン」のチカラとは?

 

豆乳や納豆をきっかけに一気に世の女性たちの間に広まった“大豆ブーム”。

今ではサプリメントやスキンケアなど大豆アイテムは健康な身体にとって、なくてはならない存在になりました。

そんな美と健康に欠かせない大豆ですが、皆さんはどれくらいの知識をお持ちですか?

今回は知られざる「大豆イソフラボン」のチカラについてご紹介します。

 

大豆に豊富に含まれている女性にうれしい成分

大豆にはどのような成分が含まれているのか、

大豆イソフラボンの栄養素について改めてチェックしてみましょう!

 

【レシチン】

人間の体の中にある細胞の膜を作っています。お肌への密着度や浸透力に優れていて、お肌を若々しく保ってくれます。

その他にも、お肌を保水・保湿してくれたり、バリア機能を高めてくれる優れた成分です。

 

【サポニン】

天然の界面活性剤ともいわれ、お肌表面の洗浄力に優れており、お肌の老廃物だったり毛穴に詰まった皮脂汚れをすっきりさせます。

 

【アミノ酸】

お肌の重要な保湿成分の一つで、アミノ酸が不足してしまうと乾燥・しわ・たるみ等お肌の老化が一気に加速するといわれています。

お肌への浸透力にも優れています。

 

【脂肪分】

お肌の保湿力に優れています。大豆に含まれている脂肪分は、身体にやさしい植物性のものなので、積極的に取り入れたい成分です。

 

【イソフラボン】

ご存知の方も多い大豆で一番メジャーな成分。女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と似た構造をしています。

働きも似ており、女性ホルモンのバランスを整え、お肌の乾燥やたるみのケアにも働きかけます。

その他にも、お肌に塗布することでメラニンの過剰生成を抑えてくれたり、コラーゲンの代謝アップにも欠かせません。

また、抑毛効果がある成分としても知られています。

 

まとめ 意識してほしいのは“大豆イソフラボン”

さて、ここまでで大豆の中に含まれている豊富な成分たちをご紹介してきました。

中でもやっぱり一番注目してほしいのは、“大豆イソフラボン”です。

働きに関しては前述の通りですが、キーポイントは「女性ホルモンと似た働き」をしてくれることでしょう。

女性ホルモンには、大きく分けて“エストロゲン”と“プロゲステロン”があります。

大豆イソフラボンが似た構造をしているのはエストロゲンです。

エストロゲンは、女性ホルモンの中でも、お肌と髪をつやつやにしてくれる、いわば“美容担当”。

お肌や髪の毛の新陳代謝を促進して、ハリツヤをキープします。

女性にとって欠かすことのできないエストロゲンは、ストレスや不規則な生活など些細なことで敏感に反応し、分泌が乱れてしまいがちになります。

忙しい毎日ではストレスフリーで過ごすことや、100%規則正しい生活も難しいのが現実です。

だからこそ、女性は「大豆イソフラボン」のチカラで、いつまでも健康で美しい身体をキープしましょう!

 

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

美容薬学検定1級認定

藤田 慎司