ムダ毛処理で脱色は大変!

ムダ毛処理で脱色は大変

ムダ毛を処理するための方法にもいろいろなものがあります。

カミソリを使って処理する方法、毛抜きを使って処理をする方法、除毛クリームを使って処理をする方法……さまざまな方法があるのですが、その中で脱色という方法はご存知でしょうか?

この脱色ですが、実はムダ毛を処理する方法としてはおあまりすすめできません。というのも、脱色をしてもメリットが少なく、脱色よりもおすすめできるお手軽な方法があるのからです。

そもそも脱色とは?

一般的にムダ毛処理というと、剃ったり抜いたりが多いと思います。

それとは別に、ムダ毛の色を抜くというものもがあります。それが脱色です。 黄色人種と言われていますが、日本人にはどちらかというと色の白い方が多いです。肌の色が白いのに、髪の毛や体毛は黒か茶色なのでとても目立ちます。

その毛の色素を抜くことによって、毛を目立たなくするお手入れが「ムダ毛の脱色」です。完全に見えなくなるわけではないものの、目立ちにくくはなります。

脱色のメリットとデメリット

ムダ毛を脱色するメリットとしては、1回のお手入れが長持ちするところです

。一度脱色した色がもとに戻ってしまうことはないので、目立たない状態をキープできます。 しかし、これにはデメリットもあります。一度脱色するとムダ毛の色は戻りませんが、新しく生えてくる毛が目立ってきてしまうのです。

ムダ毛も日々成長していますので、金色になっている部分と黒々とした部分でわかれてしまいます。 さらに、脱色した部分でも光が当たったときなどにはキラキラと輝いて、逆に目立ってしまうようなデメリットもあります。

特に太い毛を脱色した場合はかえって目立つことがあります。また、肌の色とのバランスが大切なので何度か試す必要もあります。

脱色の毛が目立つ

ムダ毛におけるおすすめケア

ムダ毛を処理する方法にもいろいろなものがありますが、その中でもまずおすすめできるのが除毛クリームです。

一般的なカミソリや毛抜きといったものを比べると、肌へのダメージを軽減することができます。脱色のときのような不自然さもありませんし、カミソリで剃ったときのように毛の断面が目立つといったこともありません。

そして一緒に使うことをおすすめするのが、抑毛ローションです。抑毛ローションに関しては今あるムダ毛をなくしたり、見えなくしたりといった即効性はないのですが、もっとも肌にやさしい方法になります。時間はかかるもののムダ毛を生えにくくするので、次第に処理をする回数も減らしていくことが

できるでしょう。肌の状態を整えることもできますので、一石二鳥です。 

ムダ毛が生えにくい肌に

まとめ

脱色でムダ毛の色を抜くと、あとから伸びてきた毛が目立ったり、光の当たり具合では余計に目立ったりしてしまうことがあります。

自然な仕上がりになるが求めるのであれば、除毛クリームと抑毛ローションといった肌にやさしい方法がおすすめです。それぞれのメリットや肌への負担の大きさをしっかりと考えて、ムダ毛処理の方法を選んできましょう。  

 


この記事の監修:鈴木ハーブ研究所

美容薬学検定1級認定

藤田 慎司